■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■   
広島市豪雨による土砂災害復興支援 
義援金贈呈のご報告 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 2014年8月20日に発生した広島市での豪雨による土砂災害でお亡くなりになられた方々のご冥福をお祈りするとともに、被災された皆様に謹んでお見舞い申し上げます。
 
 株式会社クロスカンパニー(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴)は、中国地方に本社をおく企業として、被災地域の方々への支援情報等を発信する仕組みづくりに役立てていただくため、下記の通り義援金を贈呈いたしましたので、
お知らせいたします。
 
 
贈呈日時            :2015年6月22日(月) 14:00~15:00
贈呈場所            :特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンター大学連携室 会議室
贈呈先                :特定非営利活動法人 ひろしまNPOセンターを通じて
            8.20広島復興支援市民会議、若者活動サポートセンターあおぞらの2団体へ贈呈
贈呈者                :株式会社クロスカンパニー 執行役員 安信千賢
贈呈金額            :3,000,000円(お客様からの義援金376,681円、クロスカンパニーより2,623,319円)
           各団体へ1,500,000円ずつ寄付いたします。

 被災から10ヶ月が経過し、被災状況により被災者のニーズが多様化しています。家屋の復旧作業、コミュニティ断裂によるストレス、悪天候や土砂崩れに対する不安など、被災地の方々が抱える課題は様々です。しかしながら細部のサポート支援情報やボランティア情報を発信するWEBサイトがなく、行政が発信する内容に関してもネット環境の問題から支援内容を知る手段がほとんどないという状況を知りました。当社は、8.20広島復興支援市民会議が企画する細やかな支援情報を発信するWEBサイトの構築と、若者活動サ ポートセンターあおぞらが予定している情報伝達の拠点整備に支援をいたします。

<8.20広島復興支援市民会議>
 8/20の土砂災害発生時から支援に関わっていたNPO/NGO・地元住民・行政・企業などが、今後の広島市(安佐南区・安佐北区)の復興に向けて、より一層連携を強化していくために2014年10月31日に発足した団体。
 50以上の団体の代表者が集まって復興に向けての会議を行っており、細やかな支援情報を発信する
WEBサイトの構築を企画している。
代表:渡部朋子
お問合せ先:松原裕樹(事務局)
          Tel: 082-2452-323  Mail: matsubara.npoc@gmail.com
 
<若者活動サポートセンターあおぞら>
 8/20の土砂災害発生時から支援に関わっていた大学生と現地NPOメンバーが1つのチームとなり、継続的に被災地支援をするために2015年3月25日に発足した団体。被災者宅への個別訪問(住宅修復の手伝い、田んぼの泥出し作業、ニーズ調査、情報提供)、コミュニケーションスペース(カフェ・お茶会)の提供など人との繋がりを大切にする活動を行っている。
 拠点を整備する事で、情報発信と同時に問い合わせ場所としての役割も担う。
代表:秦野英子
お問合せ先:秦野英子
             Tel: 090-4103-2054  Mail: malogi@r6.dion.ne.jp
 
<当社の義援金活動>
当社では、2014年8月25日より2014年10月26日の期間、中国地方の37店舗と東北地方の43店舗(東北は9月6日より募金開始)に募金箱を設置し、広島土砂災害の復興に向けた募金活動を行いました。お客様からお預かりした義援金376,681円に、株式会社クロスカンパニーからの義援金2,623,319円を加え、総額3,000,000円寄付いたします。(各団体に1,500,000円ずつ)

 
close