ストライプインターナショナル × オンワードホールディングス 戦略的パートナーシップをスタート
~第1弾として9月上旬より両社が運営するECモールに相互出店~

2018.07.03
企業・CSR 事業・ブランド プレスリリース グループ各社
	
	
株式会社ストライプインターナショナル(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川 康晴、以下「ストライプ」)
と株式会社オンワードホールディングス(本社:東京都中央区、代表取締役社長:保元 道宣、以下「オンワード」)
は、ファッション分野における次世代ビジネスモデルの共同開発を目指して、ブランドメーカー同士の戦略的
パートナーシップをスタートいたします。
ショッピングセンター流通、F1層(20~34歳)顧客を主力とするストライプと、百貨店流通、F2層(35~49歳)
顧客を主力とするオンワードは、両社がそれぞれ培ってきた強みのシナジー効果を発揮しながら、AIやIoTなど
新しいテクノロジーの共同利用を推進することによって、オムニチャネル時代に適応した新しいビジネスモデル
の開発を目指してまいります。

	
第1弾の取り組みとして、以下の3項目を推進してまいります。

1.ECモール相互出店とオンライン共同販促の推進
両社が運営するECモール 【ストライプデパートメント(https://stripe-department.com/)、オンワード・クロー
ゼット(https://crosset.onward.co.jp/)】 に、双方の基幹ブランドを相互出店します。具体的には、ストライプが
『earth music&ecology』『AMERICAN HOLIC』『koe』を「オンワード・クローゼット」に、オンワードが『23区』
『自由区』『組曲』を「ストライプデパートメント」に出店します。出店時期は9月上旬を予定しています。
また、両社の顧客基盤や新しいテクノロジーを活用しながら、“オンライン共同販促”を展開します。

2.リアル店舗でのコラボレーションの推進
百貨店やショッピングセンター等におけるリアル店舗の集客力や販売力の強化のために、両社のビジネス基盤を
活用した“共同店舗開発”や“相互送客”などの取り組みを推進します。

3.共同マーチャンダイジングの推進
ストライプの強みである商品企画力・マーケティング力、オンワードの強みであるグローバルな企画生産プ
ラットフォームの活用などを通じて、両社の商品力の強化に向けた“共同マーチャンダイジング”を推進します。
将来的には、必要に応じたジョイントベンチャーの構築も視野に入れ、両社の戦略的パートナーシップを強化
してまいります。

■ストライプインターナショナル 代表取締役社長 石川康晴コメント
「オンワード主力3ブランドがストライプデパートメントに加わり、嬉しく思います。今後、双方の強みを活かし、
様々な合理化や新たな事業へ共に取り組んでまいります。」