インドネシアのファッションECベンチャー
PT Bobobobo の株式取得に関するお知らせ

2017.11.30
企業・CSR プレスリリース グループ各社

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
インドネシアのファッションECベンチャー
PT Bobobobo の株式取得に関するお知らせ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社ストライプインターナショナル(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴、以下「当社」という)は、インドネシアのファッションECベンチャーであるPT Bobobobo(本社:インドネシア共和国 ジャカルタ、代表者:Jimmy Akili、以下「ボボボボ社」という)が第三者割当増資により発行する株式を引き受けることと致しましたので、お知らせします。株式取得後の当社出資比率は34%となる予定です。

1.株式取得の目的
ボボボボ社は、インドネシアでファッションECサイト「Bobobobo(ボボボボ)」を運営し、オリジナルブランド「WASTU(ワスツ)」の展開も手掛けている企業です。同社は2012年に設立され、グローバルに展開するコンサルティング企業や投資銀行などの経験をもつ役員が経営層として名を連ねます。2013年5月にスタートした「Bobobobo」は立上げから2年間で取引総額(GMV:Gross Merchandise Volume)が約7倍に増加し、ECサイトにおけるインドネシアの富裕層セグメントで唯一のポジションを確立しました。
当社は、先般進出したベトナムに続き、ASEAN諸国での更なる事業拡大を目的としてボボボボ社の株式取得を決定致しました。これを機に、経済発展が著しく、中でもEC市場規模の拡大スピードが速いインドネシアへの進出を図ります。今後は、当社がこれまで培ってきたノウハウやスキルの提供により、「WASTU」の生産および今後予定しているショールーム展開のサポートを通じて、最大限のシナジーを発揮してまいります。

2. 出資先の概要

(1)名称: PT Bobobobo
(2)所在地: Komplek Mutiara Kedoya E1/1D, Lt. 1, Jl. Raya Puri Kembangan RT/RW 011/005, Kedoya Selatan District, Kebon Jeruk Sub District, West Jakarta, Indonesia, Indonesia
(3)代表者氏名: Jimmy Akili (ジミー・アクリ)
(4)事業内容: 自社ECサイトにおけるアパレル、化粧品、イベント、旅行チケットの販売
(5)資本金: IDR 74,119,395,112
(6)設立年月日: 2012年4月17日

3.当社概要

(1)名称: 株式会社ストライプインターナショナル
(2)所在地: 岡山県岡山市北区幸町2-8
(3)代表者氏名: 石川康晴
(4)事業内容: アパレル衣料品及び雑貨、食料品の企画・製造・小売販売
(5)資本金: 1億円
(6)設立年月: 1995年2月

5.日程
2017年9月28日  パートナーシップ(出資)契約締結
2017年11月30日  株式取得
                                    以上