経団連社内報審査 映像部門にて「総合賞」を受賞

2017.03.16
企業・CSR プレスリリース

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
経団連社内報審査 映像部門にて「総合賞」を受賞
異例のテーマ「LGBT」を効果的に伝える作品として評価
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

株式会社ストライプインターナショナル(本社:岡山県岡山市、代表取締役社長:石川康晴)の動画社内報「ストライプTV」が、2016年度経団連社内報審査の映像部門において「総合賞」を受賞いたしました。

経団連社内報審査は、一般社団法人経団連事業サービス社内報センターが年に一度、優秀な社内報を表彰するもので、「雑誌・新聞」「イントラネット」など全4部門で開催されました。
今回受賞した当社作品は、LGBT(性的少数者)への理解を深めるために企画し、外部アドバイザーのインタビューや社内で立ち上げた「LGBTプロジェクト」の取り組み紹介を中心に構成しています。
社内報では扱いの難しい「性」をテーマにした点が支持されたほか、LGBTに関する公的データを用いている点や、店舗での経験談を交えて従業員にわかりやすく伝えている点が評価を受けました。

ストライプTVは、会社への帰属意識を高め、全国で働く従業員間の連帯感を醸成するために週1回発信している動画社内報です。
ドラマ仕立ての制度紹介やスタッフドキュメンタリーなど従業員目線の内容が多く、他の外部社内報コンテストでも受賞実績を持ちます。

当社では社内広報を含めたインナーコミュニケーションに力を入れており、ストライプTV以外にも、全従業員のプロフィール閲覧やメッセージのやり取りができる「社員専用アプリ」を導入したり、経営層も含めた社内イベントを季節毎に実施するなど様々な取り組みをしています。

■参考:2016年度「経団連推薦社内報」受賞作品
https://www.keidanren-jigyoservice.or.jp/upload/seminar_file/file00001010.pdf

■ストライプTV受賞歴(受賞当時の番組名は「クロカンTV」)
2013年 「第12回 全国社内報誌コンペティション」WEB部門 ゴールド企画賞
2014年 「第13回 全国社内報誌コンペティション」WEB部門 ゴールド企画賞
2015年 「第14回 全国社内報誌コンペティション」WEB部門 ゴールド企画賞

■動画社内報「ストライプTV」について
内容・時間: 人物にフォーカスしたドキュメント・社内制度紹介など、1話10分程度
閲覧方法: PC・スマートフォン
配信日: 毎週木曜日
配信対象: ストライプインターナショナル従業員
映像制作: 株式会社タノシナル(本社:東京都中央区、代表:福島ツトム http://tanoshinal.com/)

■受賞作品「LGBTってナニ?」
近年話題になっているLGBTについて、詳しく知らない従業員が多いことから生まれた企画。
LGBTを自分にも関係のある事として捉え、会社の「ダイバーシティへの取り組み」に興味を持ってもらうために、LGBT人口の割合を身近な例と効果的なアニメーションで表現し、外部アドバイザーの「あなたの性別は何だと思いますか」という質問から性の多様性について説得力を持って伝えたほか、スタッフ自身の経験談も取り入れることで理解・共感しやすい内容としました